ブラックリストでもOKのクレジットカードと過払い請求について

MENU

ブラックでもOKのクレジットカード

クレジットカード,ブラックリスト,過払い

新しいクレジットカードをつくりたいけれど、ブラックリスト入りしてしまっているという人がいます。

 

自己破産や任意整理などの債務整理を行うと、ブラックリストに情報が登録されます。

 

ブラックリストに情報が登録されている間は、基本的には新規のお金の借り入れをすることは不可能となります。

 

借入れ以外にも、クレジットカードの新規申込みをしても審査に通らず、発行してもらえないのは良く知られている事です。

ブラックリストとクレジットカードについて

ブラックの人はクレジットカードを所有できないというかと言うと、そうでもないようです。
実際にはブラックリストに情報が登録されている人でも、審査に通るというクレジットカードも存在しているのが現状です。

 

クレジットカードを作りたい時に、ブラックリストに名前があってもOKという会社は、いい会社といえるでしょうか。
通常審査に通らない人が所有できるクレジットカードは、本当に利用しても良いのでしょうか。

 

正しくクレジットカードを発行してもらう為には審査も必要で、
そしてそこでカードを発行しても良いと判断してもらえた人だけがカードを手にする事が出来ます。

 

本来ブラックリストに情報がのっている人は、クレジットカードの審査に通る事は有りません。
しかしOKと言う事になっていると言う事は、正しい審査が行われていないと言う可能性が十分あります。

 

従ってブラックでも利用できるクレジットカードなんて魅力的だと思う人もいるかもしれませんが、
自分の将来の事を考えると利用するのは思いとどまる方が無難です。


クレジットカードのブラックリストの情報について

クレジットカードはきちんと毎月返済していれば問題ありませんが、返済トラブルが生じると履歴が残るようになっています。

 

これが短期間の滞納ならともかく、長期にわたって返済を滞らせたり、破産したりすると、ブラックリストに名前が入ります。

 

多少の返済の遅れで、すぐにブラックリストに登録されることはありませんが、
延滞が長期に続いたり、債務整理をした場合には登録されます。

 

ブラックリストに情報がのってしまうと、現在持っているクレジットカードは利用停止になるのが普通です。
今のクレジットカードが利用できないのであれば、新たなクレジットカードに申し込みたいところですが、審査に通ることはありません。

 

ブラックリストから名前が消えない限りは、どんなクレジットカード会社に申し込んでも、審査を通過することはほぼありません。

ブラックリストから外れるのはいつ?

信用情報機関のブラック情報も永遠に残るわけではないので、いずれはクレジットカードを所有することができるようになります。

 

CICという信用情報機関がありますが、ここで管理されている記録のうち、
ブラックリストの情報は取引が終わってから5年は残すようになっています。

 

ブラックリストに情報が登録されて、5年以上経過すれば記録が消えて、クレジットカードの申込みも出来ることになります。

 

注意しておきたい点は、支払いが延滞して未払いがあれば、すべての支払いを済ませておく必要があります。
支払いができないのであれば、債務整理をしておくということも選択肢として考えなければなりません。

 

一日でも早くブラックリストに名前が残らないようにしたいならば、まずは今の取引を完了させてしまうことです。

ショッピングで使うクレジットカードの過払いについて

法改正によりグレーゾーン金利が撤廃された影響で、過払い請求について詳しく聞きたい人が増加しています。

 

最近では、雑誌の広告や、折り込みチラシなどで、過払い請求への対応をする弁護士事務所のお知らせをよく目にします。

 

過払い状態であることに、全く気づいていないという人もいますので、
自分は大丈夫だと思っても、再度調べてみるといいかもしれません。

ショッピングで過払いになる!?

買い物にクレジットカードを利用していた場合、過払いに該当するという人もいると言われています。

 

もしも、クレジットカードのキャッシング機能を使って、お金を借りていたことがあるという人は、過払いになっていたかもしれません。

 

グレーゾーン金利があてはまるのは、クレジットカードでキャッシングをしていた人も含まれてますので、
過払いになっているかもしれないのです。

 

法律事務所では、クレジットカードでキャッシングをした人で、
グレーゾーン金利での融資を受けていたかわからないという人にも、対応しています。

 

心にとめておきたいこととして、過払い請求を行うと、同じ金融会社から新規融資を受けようと思っても、できなくなります。

 

他のキャッシング会社から借りればいい話なので、今後の行動に支障はないと思う人もいるようです。
過払い請求をして、今の金融会社からはもう新規融資が受けられない状態になっても構わないかどうか、じっくりと考えてみることです。

 

これまで、キャッシングはサービスや商品の購入にしか利用していないなら、
過払い状態になっている心配はなく、今までどおりに利用できます。

 

金利や利息について、キャッシングを使う時はよく確認することが大事です。

クレジットカードでブラックリストに入る条件は?解除の方法はある?

クレジットカード,ブラックリスト,過払い

クレジットカードを延滞すると、ブラックリストに入ることがあります。

 

その条件とは、3ヶ月以上の延滞をすることです。

 

3ヶ月とはいっても、90日のことではありません。

 

カード会社にもよりますが、61日延滞をした時点で、ブラックリスト入りをして、強制解約をされてしまうリスクがあります。

 

3ヶ月以上の延滞をした場合には、借金を完済してからおよそ5年が経たないと、ブラックリストから解除されません。

 

借金を完済した時点から5年なので、借金を滞納したままではいつまで経っても解除がされないということです。

 

他にもブラックリスト入りすることがあります

3ヶ月以上の延滞でブラックリスト入りする人は多いですが、任意整理などの債務整理をすることでブラックリスト入りしてしまう人もいます。

 

延滞をしていなくても、債務整理をすることはできますが、その場合も金融事故として扱われてしまいます。

 

任意整理をした場合なら、和解をした時点からおよそ5年で事故情報が消えます。

 

自己破産をした場合には、最大で10年間記録が残ります。


[ブラックリストでもOKなクレジットカード|過払い請求について]関連情報